金沢大学 経済学類 講義 2018年4月12日

2018年4月12日、金沢大学経済学類の講義8コマのプロデュースをさせていただき、第一回の講義は僕自身が登壇しました。金沢大学の講義では220名の学生が履修登録をしてくれました。テーマは挑戦するべき理由。

挑戦するべき理由は3つ

 

挑戦した方が人生が幸せである

 人が死の淵で後悔することは、避けてきたリスク、つかまなかった機会、立ち向かおうとしなかった恐怖。挑戦をしなかったことに後悔をします。挑戦すればたとえ失敗しても死ぬ時に後悔することはありません。

よりよい社会を創るために挑戦する義務がある

 僕は、優秀な人たち、恵まれた環境に生まれた人たちは、その能力を自分のためだけに使っていいとは思いません。今の豊かな社会は誰かがリスクをとって挑戦してきた結果です。

挑戦して実力をつければ安定した人生が送れる

 金沢大学の学生は半分くらいが公務員になりたいというそうですが、公務員が本当に安定した仕事なのか。僕は、持ち運びできないスキルしか身につかない仕事というのは大きなリスクをかかえていると思います。本当に安定した人生を送りたかったら自分の実力をつけること。

 

挑戦を妨げているのは、親の責任だと僕は思っています。みんなと同じようにやりなさい、人生そんなに甘くない、現実をみなさい、そんな言葉をかけ続けることによって才能の芽が摘み取られています。

誰もが挑戦できる社会を創る。これが弊社シナジーコンサルティングのビジョンです。挑戦すること自体が賞賛される社会を創りたい。

関連記事

  1. 「挑戦するべき理由」2017年3月21日 金沢大学「イノバエ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。