豪雪被害から畑を救うために、若手農家に力を貸してください

豪雪被害から畑を救うために、若手農家に力を貸してください

支援の詳細はこちらから

https://faavo.jp/ishikawa/project/2707

今年の大雪で、小松市、能美市、川北町では700棟を超えるビニルハウスが壊れてしまいました。その中でもトマトの栽培の盛んな小松市では600棟が倒壊・破損と全国でも最も被害を受けた市の一つです。

現状として、ハウスの再建のための圃場金などが設定されていますが、実際は壊れたハウスの撤去さえ、ままならない状況です。ハウスの撤去にも業者に依頼すると10万円から15万円の費用がかかってしまいます。ハウスが再建されればもちろんベストですが、まずは撤去だけでもできれば、農地として畑にすることができます。これ以上、耕作放棄地を増やさないために。

今回は、35歳以下の農業人で構成される、小松能美農業青年グループが立ち上がりました。自分たちで、ハウスの撤去を行うために、ハウスの撤去に必要な工具や資材を購入する代金をクラウドファンディングで募集します。

関連記事

  1. FAAVO by CAMPFIRE スタート

  2. クラウドファンディング活用実践講座(講座のご案内)

  3. クラウドファンディング 地域パートナーに河南恵美税理士事務所…

  4. 山野之義金沢市長の胸元に石川県の間伐材で作ったSDGsバッジ…

  5. でか山ビールで青柏祭を盛り上げたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。