フィリピン レイテ島での学校トイレ建設

2017年12月 フィリピンのレイテ島を訪問してきました。

2013年に超大型の台風が襲った場所です。被災地支援を行っている、ブルードット代表の赤坂さんとは、昔からの友人で、赤坂さんの行っているレイテ島でのバナナチップスの製造の事業について、視察させていただきました。

現地の小学校で子供達とクリスマスパーティーを行いました。その際に、隣の学校にトイレがないという事情を聞きました。僕は、単純な寄付は現地の人たちの自立を妨げることもあるため、安易には行わないと決めていましたが、今回はトイレの建設計画があったが支援する予定であった日本の企業の都合によろ棚上げされてしまったということでした。現地の人たちも大変な期待をしていましたし、ある教室では先生が自腹でトイレを作ったところもありました。先生達にそれだけの思いがあれば、有効に活用してくれると思い、シナジーコンサルティング株式会社での支援を決めました。

トイレの建設費は30万円程度ですが、弊社だけで支援するよりも、この現状を多くの人に知っていただきたいと考え、facebookにて支援を呼びかけたところ、わずか1日で61名の方から73万5000円もの支援の表明をいただきました。トイレの建設と他に何かをすることも考えましたが、甘やかしてはいけないと思い、皆さまからのご支援と弊社からの拠出で30万円の寄付を行いました。

2018年の春頃には着工する予定です。

関連記事

  1. フィリピン レイテ島 学校トイレ建設のご報告(2018年3月…

  2. インドネシア バリ島にあるグリーンスクールの運営する「グリー…

  3. 山野之義金沢市長の胸元に石川県の間伐材で作ったSDGsバッジ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。