私はサラリーマンの頃から、少しずつ資金を貯め、不動産賃貸業を営んでいました。30歳の頃には、贅沢をしなければある程度の生活ができるようになり、自分の可能性に挑戦するために起業をしました。

 最初の事業は、協業のワークスペースである「シナジースペース」の運営です。金沢市で初めてのコワーキングスペースとして、たくさんの方が訪れています。その中で、私自身もいくつもの事業を起ち上げたり、出資や事業相談などを行い、起業家の支援を行っています。クラウドファンディングの運営なども行い、起業支援部門では、あらゆる挑戦者を応援し、誰もが挑戦できる社会の実現を目指しています。

 不動産賃貸業は起業後も拡大を続け、アパートやマンションだけではなく、オフィスビル、繁華街の飲食ビルなども保有しています。徐々に、私自身の興味は会社の利益の拡大から、街の価値を高めるということに移っていきました。2016年には、廃業して廃墟となっていた山中温泉の旧百峰閣を購入し、リノベーションを行い、「みずほリゾート加賀山中」として再生を行いました、不動産再生部門では、創意と工夫をもって不動産の価値を高め、持続可能な街づくりに貢献することを目指しています。

 M&A・事業再生部門は、私がリーマンショクを機に証券会社を退職してからM&A・事業再生のコンサルティング会社に就職したことが立ち上げの動機となっています。仕事は大変やりがいがあり、入社半年で取締役に就任し、権限を持たせていただきました。しかし、私が本当に社会的な価値を感じていた後継者のいない中小企業のM&Aという仕事において、仲介手数料が高すぎるため、本当にサービスを届けたい人に届かないというジレンマがありました。コンサルティング会社を退職して起業してから6年が経ち事業も落ち着いてきた中、未だに業界において手数料の高止まりが改善されていないため、業界へ一石を投じる覚悟を持って参入を決意しました。M&A・事業再生部門では、もったいない廃業をなくすことを目指しています。

 

 

 

 

 

シナジーコンサルティング株式会社 代表取締役 河上伸之輔